はい、以前に紹介させて頂いたベレッタさんを題材にして書こうかと思います。
で、パーティングラインですが、バリと混同して話を進めて良いかな、と・・・

で、パーティングラインは、隙間なくぴったり合わさって段差がなければ、見えなくなります(実は、未ペイントでもほぼ見えなくなることはあまり知られていませんが・・・)。
その加工のために、パテ盛りしたり、接着したりするわけです、が・・・
トイガンはメンテナンスの為や、修理の為に分解(カスタムでも分解しますがね・・・)をする事が前提となります。
実銃をモチーフにしているだけで、組立方法や構造が違うので、どうしても元のモデルには存在しない合わせ面が出ることが多いのです。
もちろん、頑張れば(コスト度外視含む)そこに合わせ面が存在しなくてもいい作りに出来るわけですが・・・

まぁ、存在するものは仕方ないので、目立たなくする事で我慢しています・・・


で、これは作業中の写真です。
トリガー周りの段取り後、エアブラシで塗装して乾燥させた状態です。
バリ取り、段取りがしっかり出来たので、見た目には完全に消えてくれましたね!

ですが・・・

未接着なんですよ、コレ。
東京マルイさんの製品の仕上がりがいい(パーツの精度が高い!)ので、隙間がないので、薄く塗ってある塗料だけでほぼ見えなくなります!

そして、完成後に持ち歩いたり、ガンガン撃って遊んだりした後。



ピンボケや、光の角度、ウェザリングの状態というのもありますが、確実にパーティングラインが浮き出て来てます。
振動などで、若干開いたりして、塗装部にクラックが入ったのが原因ですね・・・
と言っても、この状態でもほぼ持ち歩いてる程度では見えませんので、自分はほとんど気になりません。
なので、基本はこのレベルの仕上げ、でこれからも行きたいと思っています。

ちなみに、バラして本塗装に入る前の写真です。

アウターバレル、ハンマー、トリガー等に、下塗り(サフェーサー的)をしています。
というか・・・マルイのHGエアコキベレッタM92Fは、ここまで工具無しでバラせるなら、通常のメンテナンスには全然問題ないと感じます・・・
なので、フレーム接着してもいいかなぁ・・・とか考えしまったわけですが・・・まぁ、次回実践しようと・・・(^^;

余談ですが、パーティングラインを消すのに、ラッカー塗料はあまり向きません。
タミヤパテ(ラッカーパテ)等使用していたなら、なおのことです。
塗料のヒケが激しい、下地を溶かすので下地の材質が違うと引け具合が変わる、というのが、乾燥後にパーティングラインを浮き出してしまうからですね。
接着剤を使った場合も、当然樹脂部分と接着剤部分でヒケが変わるので浮き出てきます。
なので・・・パーツの精度が高い接着無し、の方がある意味目立たないのかもしれませんね・・・

これは、下地のペーパーの跡が浮いてしまった例です・・・(ーー;)
まぁ、合わせ面は、ほぼ消えてますよね・・・

何処まで仕上げるかは、自分の根気次第ですが、おもちゃである以上用途に併せて、自分が納得するように楽しんでやって行きたいですね!


COMMENT: (0)



これも、個人的に好きなリボルバーです。
もっと好きなのはM29ですが・・・(^_^;)
まだM29の方は塗ってないので、そのうち塗ったらUPすると思います・・・
ちなみに、これは色味だけ変更で、特にダメージ処理とかはしていません。
薬莢が不足していたので、投げ売り状態で売却した記憶があります(既に手元にない)。
アレ、結構高いんすよねぇ・・・(ーー;)

色味のテストなのですが、イメージより、メタリック感は強く出てしまいまして・・・(ーー;)
調合時には、いいんじゃな~い♪、とか思っていたのですがね・・・
実際に塗って、乾燥させてみると・・・違う・・・これじゃない感・・・もっと深い黒に、光が当たったら青みが・・・等と(^^;
前にも言ってますが、写真となるとさらに難しいんですよねぇ(ノД`)シクシク
まぁ、元よりはいい感じになったとは思っています・・・はい、思ってます・・・


はい、これもクラウンのエアコキです。
10禁だったような気もしますが、忘れました。
これ、撃てましたが、特にどんなだった、という記憶もありません・・・薬莢が無かったので、本当に撃てるかどうかの試射しかしなかったんだと思います・・・

ちなみに、リアル感が有る銃が欲しいなら、もっと高価なモデルを買えよ、って話です。
実際、今時はガスガンにしてもモデルガンにしても、かなり質感の高い物が流通しています。
そっちのほうが、手間掛からんし、仕上がりも良いだろ?って・・・
塗って遊ぶにしても、違う意味合いでのペイントで遊ぶ、って方向が面白いでしょ!って。
ですが、自分が塗って遊んでるのは、ちょいと意味が違うんですよね・・・

欲張りだから、色々持ちたい!
バージョン違いも色々欲しい!
けど、そんなに金はない!

で、まぁ、よく考えてみると、サバゲで使う銃はほぼ決まってます。
状況に併せて使う分も・・・
まぁ、エアコキ戦用等は、今は適当にピックしますが・・・
だとすると、飾り(ゲーム中に持ち歩いてたり・・・)だったり、撮影用だったり、試射エリアで遊んで撃ってみたり、とか、その程度になります・・・

なら、自分で塗ればいいんじゃね?
ある程度の機材は仕事の都合で有るし、昔は塗って遊んでた経験も有るし・・・

となった訳でございます。
で、いざ始めて見ると、元々の理由は別にして、仕上がりを求めて探求してしまったりしてますが・・・(^^;
色々並べて眺めてるのも、楽しいですよねぇ~・・・
あ・・・断捨離!!!←オイ


COMMENT: (0)



えっと・・・スライドには、M&P45って入っている気がします・・・
メーカー詳細忘れてしまいましたが、チャイナ系エアコキです。
これ、実際撃った時は、意外と真っ直ぐ飛んで(弾速スゲー遅い)、知人と大笑いしていたような記憶があります。
これに出会ってから、チャイナエアコキも面白いんだな、と見直した記憶があります。

で、M&P45って書いてあるんですが・・・確かにスライドはそれっぽいのですが・・・
というか、全体像的に違いすぎますね・・・何より・・・コレ!

・・・COLT25サイズ・・・?( ̄▽ ̄;)!!
ついでなので、ベレッタ92Fとも並べてみました!

チャイナ系って、風、とかタイプ、とかなので、これでフルサイズです!って言われると・・・まぁ、いいのか、となります。
実際、ちょっと可愛いとか思ってました・・・←オイ

という事で、実験台になってもらいました!(何が、という事なのかは気にしないで下さいませ!)


小さいので、あまり塗料を使わなくて良いですね!(ちなみに、これも筆塗り)
で、何の実験かというと、仕上がり状態から判りづらいので、途中経過の写真で。

実はパーツごとで色が違うんです(フレーム、スライドも違うのがお判り頂けるかと・・・)。
ここからグリップを仕上げて、本体にウェザリング等等入れて仕上げています。
簡単な調合表を作りながら、組み合わせを変えて、仕上がりイメージを掴んでいくんです。
で、結構気に入ってたんですが・・・どうしたっけかなぁ・・・(^_^;)
まぁ、既に手元には有りませんでした。

塗装をチャレンジしてみたい方、こんなので色々実験して遊ぶのも、アリだと思いますよ~


COMMENT: (0)




デザートイーグル、ステンレスモデルです。
只今、ヤフオクに1円スタートで売りに出してます(断捨離対象)。
これで、現在3台デザートイーグルを出品しています・・・(ーー;)
嫌い、といういわけではなく、どちらかというと好きな方です・・・ただ、保有数が多いんですよ・・・(^_^;)
人気があるせいでしょうか、何かと入庫してくるのですよ・・・(^_^;)

で、これですが、ステンレスモデルなので、別に塗らないでも十分・・・でもないんですよね・・・
例のごとく、10禁(電ブロ)なので、細々した所がチープ感を出してしまっていて・・・
なので、試しで細々と塗ってあります。
ただ・・・下地きちんとして処理しない、&MRカラー水性でペイントしてしまった為に、既にリアルハゲを起こしてしまっております・・・

これが現在の状態です・・・(ヤフオク用に撮影)
本体色であった部分は、簡単に色禿げを起こしてしまいました。
が、本体色ではないトリガーや、ハンマー(銀色樹脂部分)等の塗装部分も剥げています・・・

メーカー塗装の上から塗る場合、塗装したい部位は少なくとも足付けはして置かないとダメですね・・・

先日、同様のペイントをラッカーの方でテストしてみました。
本体色(この手のメタリック系)の方ですが、密着性能が高いので、まだまし、という感じですが、やはりハゲます。
下地として足付をすると、水性の方はまだ簡単にハゲてしまいますが、ラッカーは頑張らないとハゲません。

ただ、樹脂直接、でも水性はちょっと頑張るとハゲてしまうんです。
ラッカーの場合は、樹脂直接の場合は剥す、というより削り取るような感じでないと剥がす事が出来ません(密着度の高さです)。
但し、これは塗る相手が樹脂の場合限定で、メタルパーツとなると全く変わってきますので、それについてはまた機会が有った時に。

この実験から、水性は基本的には使用しない方向性に変更しました。
と言うのも、ただ飾っておくだけならこれで問題無いのですが、手に取る、撃つ、だけでなく、持ち歩く、気軽にその片に置く、といった用途には合っていないと思うからです。
まして、サバゲに持っていく、フールドに持ち込むといった場合、ガシャガシャとその辺に当てまくりますからねぇ・・・
なお、モデルガン用の塗料が同様に強いのは解りきった事ですが、自分はあまりスプレーを使わないので・・・
今度、色々実験してみたいと思います。


COMMENT: (0)


イベントサバゲに行ってきました!
メチャ久々に遊んできました!

って、実は、うちの奥様が仕事で行くついで、で、断捨離も兼ねて・・・だったんですよね・・・(^_^;)
で・・・形になっているのだけ(つまり、全部ではない)適当に置いてました・・・←オイ

・・・って、おい、スゲー数だな・・・( ̄▽ ̄;)!!
ゲーム用の銃や、作業中、部品取り、要修理何かが他に有ります・・・

そのうち、適当に弄って、塗って、売りに出して・・・とやって行くんだけど・・・
うーん・・・(ーー;)

ちょっと本気で断捨離を考えましょう・・・

ちなみに、先日突貫塗装のイングラムM11、皆さんに喜んで頂けました!
持った時に「うわ、マジ軽!」とか、「このギャップ!」と喜んで頂けたのが良かったです!
ちなみに、弾速チェック、ハンドガンはやりませんよ~!って言っていたのですが・・・イングラムは・・・?
という事で、一応弾速チェック持ち込みました!
すると・・・「え?10禁電ブロ?・・・い・・・一応ハンドガンでは無いから・・・」と、笑いながら計測する事に。
メインウェポンM4の後、弾が0.15である事を伝えると・・・「すみません、0.2か0.25で測らないといけない決まりで・・・」( ̄▽ ̄;)!!
慌てて弾を入替え、0.2を入れてもらい測定・・・
つーか、全然飛ばないwww弾速は29.7、29.8と、ギリギリ30行きませんでしたwww
ちなみに、これ持ってフィールドインしましたよ、可愛いスリング付けたので、首から下げてました・・・気にならなかったですよ←・・・ネックレス?
え?撃ったかって?はい、一応!キルは・・・とってないです、多分(瞬間弾幕用だったので・・・)。
当たっても、気が付かないかもしれません・・・(ーー;)


さて、久々にゲームやって、ガンガン撃って、撃たれて帰ってきました!
その中で、自分的に心に引っかかっていることを一つ書きたいと思います。

その時、自分は物陰で味方と索敵の会話をしていました。
と、後ろに気配(というか物音)があったので、振り向きながら発砲(腕のマーカーだけは確認)した時に、フリーズコールが聞こえた・・・
相手は、おそらく自分の事を発見、近距離だからと飛び込みと同時にフリーズコールをくれたんだと思う。
咄嗟の発砲でHitとなったわけですが・・・
ん・・・自分もその時に一緒Hitコールするべきだったのかなぁ・・・(コレを思ったのは、そのすぐ後、後続の相手にHit取られたとき)
瞬間の判断だったから、微妙な差は出てると思う。
相手からすれば、フリーズコールを言った後に撃たれてHit、となってるわけだから・・・
微妙なタイミングで難しくなるから、フリーズコールは禁止です、というフィールドが多い理由が、よく解った瞬間でした。
というか・・・自分の場合、近距離でも気にしないから撃って欲しかった←すぐやられたと思える・・・

自己申告のゲーム、撃っても撃たれても、ゲーム、楽しくやるために、やられた!ってすぐ判断する事が大事ですよね。
次からは、微妙なタイミングでフリーズコールされた時は、すぐHitコールして相手にあやまって、自分だけ出て行くようにしようと思った出来事でした。


COMMENT: (0)


大好きな、M16A1です。
これが好きな延長で、今メインで使用しているのは、全くのドノーマルのM4A1(次世代)です。
屋内等のフィールドの時は、微妙に短くなってくれてるCQB-R(次世代)に持ちかえてます(使用感が同じなので、違和感が少ない)。
でも、ゲームだとこの長さの差は大きいですね~!
特に、M16A1と比較すると・・・(ーー;)

さて、ダメージ具合を少なめにして、綺麗目に仕上げる、ってのを目標(まぁ、飾りですから・・・)に塗りました。

完全に、色合いテストの為に塗ったM16A1です。
コレ系の色が、どうも上手く調合できず、イメージに合わなくて試行錯誤した記憶があります・・・
たしか、3回くらい調色後、これで!って塗ったらなんかメタ感が強くなってギラツキ気味になってしまいまして・・・(ーー;)

ちなみに、これは最終仕上げの状態です。


一旦塗装した後、どうしても仕上がりが気に入らず・・・
どうせ塗りなおすなら、パーティングライン消すだろ、ってことでパテ盛りまでやってます・・・(ーー;)


ちなみに、ほぼエアブラシでグラデーションで仕上げております。
メインの色、これで行こう、って決めた後に、2色追加で入れてます。
その後で、ちょいちょいダメージペイントをしてみました。

自分的には、結構イメージ通りに仕上げ出来て、お気に入りだったのですが・・・
置き場所問題で断捨離対象にしてしまいました。
そのうち、飾る場所確保して、エアコキ買って、また塗ろうと思いますが・・・すぐ折れる、って聞いているので・・・(ーー;)


COMMENT: (0)


明日、イベントサバゲ(JPNLEM?ハマポリのイベント)に行く、という事で、ふと思い立って塗装しました。
と言うのも、ドレスコードが、チンピラ風となりまして・・・( ̄▽ ̄;)!!
という事で、なら、これだろう!という事で塗ってみました!

実は、前々からやりたかったんですよ、これ!
ずいぶん前、インドアフィールド用にこれ買って、数回使用してましたが・・・
イングラム系なら、やっぱりガッツリ使用感出してたほうが・・・と、ずっと思ってたわけです。
なので、この機会に!と・・・ついでに、有り合わせでサイレンサー(只の筒)も付けてみました!
・・・ちょっとデカすぎたかなぁ・・・(ーー;)

溶接部分、ちょとだけ凝ってみましたが・・・まぁ、目立たないですね・・・( ̄▽ ̄;)!!

ちなみに、これの塗装は、本体を艶消しのガンメタでエアブラシで塗装後、同様エアブラシでシルバーでグラデーション状態で塗装。
その後、各部別パーツ系を筆で塗った後、ハゲ部分のウェザリングを塗って、最後に墨入れで仕上げしています。
文字類は、墨入れで色付けしました。


ちなみに、墨入れで頑張った文字ですが、読んでみると・・・
 INGURAM M11, CAL 9MM AUTO
 ELECTRIC BLOW BACK SYSTEM
 TOKYO MARUI CO.LTD. ASGK
はい、思いっきり、東京マルイの電ブロダヨーン、って書いてありますwww
けど、良いんです、それも含めて、頑張って塗った!で・・・
ちなみに、フリマにコレクションほぼ全部持っていき、適当な値段つけて売りに出す予定なので、見かけた方は是非手にとって貰いたいですw

明日はこれ持って頑張るぞー!
ちなみに、多分ゲーム参加する時は、M4CQBR使ってると思いますが・・・←オイ!


COMMENT: (4)



結構よく出来てるなぁ、と言うのが、最初にボーイズM4を見た印象です。
同じ10禁でも、ハンドガンと比べると、やっぱり飛距離がある気がします・・・はい、気がする、だけかもしれません(規制を考えると、そう変わるとも・・・)
で、話は戻りますが、ボーイズM4A1は、ディティールもしっかりしていて、元から色が付いていて、縮尺の仕方も良いと感じました。
なので、各部のパーツの色付けして、其の辺のチャチさ、だけを払拭してあげてみました。



正直、この程度で、写真だけではボーイズだと判りづらくなりますよね。
ちなみに、ウェザリング系は、ほんとに軽くだけ入れてあります。
と言うのも、先日SOPMODでも書いてますが、子供が喜ばない仕様となってしまうので・・・(ーー;)
ちなみに、これは展示している時、結構子供が喜んでくれてました(けど売れてない・・・)。
試射だけなので、あんまり値段下げるのもなぁ・・・と思うのですが、ボロイ、と思われるようでして・・・←ある意味それを狙っているわけでして・・・
どんどん箱がボロくなってまいりました・・・(ノД`)シクシク
なので、そろそろヤフオクに投げ売りにしますかねぇ・・・

で、まぁ実射の感想です。
つーか、楽しいです、コレ。
正直、自分が子供の頃これあったら・・・等と思いますが、その頃の自分には、これを買ったか?というと・・・
難しいですね・・・

買えない

が、正解のような気がします・・・(ーー;)


COMMENT: (0)



珍しくもなんともない、M4ですね。
東京マルイ製SOPMOD M4 のカモフラペイントです。




各部のディティールUP、頑張ってますが・・・
そもそもこの手のペイントの場合、実物がもっと適当にガーっと塗って有るので、細かい塗り分けって、本来いらないんですよね。
にもかかわらず、ピンだのボルトだのを別パーツらしく塗り分け、使い込み感はあまり出してない仕様という、ちょっとイミフな仕様。

しかも、なんだかよく見るチョイス・・・というか、形ですよね・・・
そりゃそうです、これ、ペイント以外ノーマル(グリップの位置まで箱出しのまま)なんですからね・・・

で、なんでこれ、カスタムガンコンテストなんぞに出した?

ってなりますよね・・・
出したかったのは、ウケ狙いだったのですが・・・
実際の紙面を見ても、ウケ狙いには見えず、全くもって珍しくもないM4の写真が掲載されているだけでした。
説明文にも、ベースの記載がM4 SOPMODしか無かったんですよね・・・
つーか、自分的に子供が作った(シール貼っただけ)の銃が出ていたのが、一番目を引きました・・・負けた気分でしたね・・・

で、解って頂けると思いますが、これ、東京マルイ、電動ガンボーイズHGのM4SOPMOD、なんです。
スケール的に、3/4位ですかね・・・
このシリーズも大好きでして、頑張ってコンプリート目指しております!
とか言いながら、これは整理対象となりまして、ヤフオクへGO!しましたが・・・(ーー;)

これもよく、イベントに展示してるんですが・・・
ボーイス本来の対象の子供たちは、ほとんど興味を示しません・・・(ノД`)シクシク
喜んでくれるのは、オサーン達ばかりなのですよ・・・(ノД`)シクシク

という事で、ボーイズに喜ばれない、頑張ったボーイズでした・・・(HGだから、良しと・・・ならない件・・・)


COMMENT: (0)



これは、COLT AR15 M16-A1ブラックライフルさんですね。
東京マルイの電動ガンですが・・・ダメージペイントでリアリティを上げる、各部を塗り分けて・・・とやるわけですが・・・
東京マルイのモデルって、別にALLペイントしないでも、十分良い感じの色で仕上げてくれているモデルが、多々有ります。


電動ガンmini XM177です。
フルオートのみ、という潔い仕様で、このディフォルメ感、全シリーズ揃えたい程大好きです!!!
結構、こんなんでもちゃんと真っ直ぐ飛びますよ!(10禁レベルですがね・・・)
10禁電ブロシリーズと、ちょっと違う感じで笑いが出ます。
ってか、これ、塗装が結構いい感じでされてるんですよwww
なので、部分塗装と軽くウェザリングで質感を上げて、ちょっとリアル感をあげてみたいと思いました。

結果は・・・

リアリティ?何それ、旨いの?

質感?いや、プラでいいっしょ?



・・・いや、もうこれ、可愛いからいいでしょ?
なんか、リアリティよりも、玩具感がUPしたようにしか見えない・・・( ̄▽ ̄;)!!

ちなみに、あえてコーションステッカーを残してます・・・ノーマルチックでしょ!!!
これ、展示してると、ウケは良いですよ・・・但し、気がついて貰えれば・・・←結構見向きもされないので・・・


COMMENT: (0)


next


PAGE TOP